ゲームの買取に本人確認は必要?

遊ばなくなったゲームが押し入れに眠っている、そんな場合は買取店を利用するのがおすすめです。中古市場で高い人気を保っているゲームソフトなら、意外なほど高額で売れる可能性もあります。買取店でゲームを売る場合、本人確認などの手続きは必要となるのでしょうか。

本人確認の方法や必要となる証明書について詳しく見ていきましょう。

ゲーム買取の流れ

初めてゲームを売却するという場合、どんな流れになるのかわからず不安を感じる方もいるでしょう。ゲーム買取の流れは、商品の持ち込みから査定、そして本人確認といった形になるのが一般的です。お店によっては本人確認の際、買取シート等への情報記入が必要となるケースもあるでしょう。

確認が済んだ後、査定時に提示された金額分のお金を受け取ることができます。

ゲームを売る際には本人確認が必要

買取店でゲームを売る際には、必ず本人確認が必要となります。本人確認を行うことができない場合、ゲームを売ることは出来なくなってしまうため、注意しましょう。なぜ本人確認が必要なのか、その理由は古物営業法にあります。

本人確認を行う理由

古物営業法という法律は、中古品や新古品の取引を行っている古物商について、権限や義務を定めているものです。この法律の中で、古物商は買取時に相手方の住所や氏名、職業及び年齢を確認することが義務付けられています。

つまり、ゲーム買取店は法律に則った営業を行うため、本人確認をしているというわけです。なぜ、古物営業法によって本人確認の義務が定められているのか、その理由は盗品の流通を避けることにあると言われています。もしも、本人確認の手続きがなければ、売る側は自分の身分を明らかにしないまま取引を行うことができてしまいます。

盗品を売るような違法な人物にとって、これほどありがたいことはありません。ですが、本人確認を行えば、お店側は取引をした相手の情報を正確に把握することができます。そのため、万が一買い取った品物が盗品であった場合には、その商品を売りに来た人物についての情報を警察に提示することができるのです。

免除されるケースもある?

取り扱う商品や買取金額によっては、本人確認が免除となる場合もあります。一部の商品については、買取金額の総額が一万円未満である場合のみ本人確認をしなくても良い、とされているのです。しかし、書籍やCD、そしてゲームソフトについては一万円未満の場合でも本人確認が必須となっています。

ゲームの場合は金額にかかわらず必須となりますので、必ず本人確認ができる証明書を持っていきましょう。

本人確認のために必要な物

ゲーム買取店での本人確認は、住所や氏名などが確認できる身分証明書によって行われます。本人確認に使用できる証明書として、まず運転免許証や健康保険証が挙げられるでしょう。これらの他にもパスポートや福祉手帳、写真付きの住民基本台帳カードなどが認められています。

お店によって多少判断基準が異なる場合もあるため、確実にゲーム売却を行うなら、必要な身分証明書の種類について事前に確認をとっておくと良いでしょう。また、大手の買取店なら、公式サイト上で詳しい買取の流れや本人確認に必要な書類の詳細等を公開しています。

マイナンバーは不可としているお店も多い

国民一人ひとりに割り振られたマイナンバーは、身分を証明できる非常に重要なものですが、買取店での本人確認は適さないと言われています。お店によってはプラスティック製のマイナンバーカードのみ可としている場合もありますが、紙製の通知カードについてはほとんどの場合不可とされています。

今後、対応が進む可能性もありますが、そもそもマイナンバーは第三者にみだりに教えてはならない、とされているものです。したがって、買取店で売却をする度にマイナンバーを提示するといったことは避けたほうが良いと言えます。

保険証等一般的な身分証明書を使用するのが無難だといえるでしょう。また、社員証や住民票なども本人確認書類とはなりません。社員証は企業に属していることを証明する書類であり、公的機関が発行した証明書ではないためです。

一方、住民票は公的機関によって発行されるものですが、現住所が記載されているとは限らないため、古物営業法で決められた基準を満たしません。さらに、破損や汚れ等によって情報が確認できないものや、有効期限が切れているものも本人確認出来ない証明書として扱われる場合があります。

せっかくお店まで行ったのに買取を断られてしまった、ということにならないよう事前にきちんと確認をして、問題のない証明書を持っていきましょう。

宅配買取の場合は?

家の近くにゲーム買取店が無いという場合、非常に便利なのが宅配買取サービスです。宅配買取サービスは、売りたいゲームを宅配便でお店に送り、査定額を電話やWEBで確認した後、売却をするという仕組みになっています。

店頭買取とは違い直接店員と会うことがない売却方法ですが、この場合も本人確認が必須です。通常、宅配買取での本人確認は証明書画像の送信、またはコピー同梱によって行われます。証明書として使用できる書類の種類は、店頭買取の場合と同じです。

また、身分証明書の写真やコピーを用意する際には、必要な情報がきちんと確認できる形になるよう気をつけましょう。表面だけでは必要な情報が確認できない証明書もあります。例えば、カードタイプの保険証を使う場合は、住所の記載欄が裏面になっているため、表と裏両面の画像が必要です。

さらに、住所等の細かい文字が潰れて読めなくなっているような低画質な画像だと、本人確認ができず買取不可になってしまうかもしれません。コピーや画像を作成した後、きちんと読める形になっているかどうかを一度確認しておきましょう。

年齢制限について

一般的に、ゲーム買取サービスの利用は18歳から可能となっています。お店によっては保護者の同意書があれば取引可能な場合もありますので、18歳以下の方は事前に確認をしてから買取サービスを利用しましょう。一番確実なのは、保護者に直接売りに行ってもらうか、同伴してもらうという方法です。

そのゲームの持ち主が未成年であったとしても、保護者が買取店と取引を行うのであれば問題なく売却が行えます。保護者が忙しく都合がつかないという場合には、宅配買取を利用するのも一つの手です。保護者に書類記入をしてもらい、梱包等は自分で行う、といった形であればスムーズに買取を進めることができるでしょう。